「もっと荒野行動を楽しみたい」とか「下手すぎて辛い」と大半のユーザーが感じていると思います。

たかがゲームだけど、貴重な時間にやってるゲームだからこそもっと楽しみたい、上達したというのは当たり前の気持ちですよね。

上手な人と下手な人の違いって本当はそんなになくて本当に些細なことだったりするんじゃないかなって思います。

ここでは下手な人がやりがちなこととどうすれば上達するのかお話してみようと思います。

下手な人がやりがちなこと

下手な人がやりがちな戦い方として

・パラシュートで降下中、どこに降りていいかわからず激戦区に突撃してしまう

・敵がどこにいるか見つけられないのに自分なぜかは狙撃される

・攻撃すれば当たるだろうとあてずっぽうで乱射しまくる

・狙撃されるとパニクってその場に伏せてたり、混乱してしまい狙撃される

・敵を見つけることが出来ても弾が当たらない

・武器が落ちていたらとりあえずで拾ってしまう

・リュックの中のアイテムを整理できない

・とりあえず隠れる場所を探して生き残ろうとする

これらはありがちだと思います。

何でわかるの!?と思ったあなた、私もあなたと同じようにどうしようもなく下手でよくやってたからです。

上達する方法って意外にシンプル

いきなり神懸かり的に上達することはまずありません。

でも一番の上達への最短距離は理解することです。ゲームシステムの理解をすることで操作が上達するし、アイテムの種類や用途などゲームルールをしっかりと理解することが上達への最短距離です。

システムやルールがわかれば「激戦区」がどこにあるか、安全地帯はどこにあるのか、というのもわかります。

また、どこで待ち伏せすれば敵を迎え撃ちやすいか、ということも把握できます。

地図の見方もわかるようになれば生存する可能性も高くなります。

ゲームするうえで撃破するスキルや武器も重要ですが、ゲームが上手な人は情報をちきんと理解しています。

まずは激戦区や過疎区の場所や敵の探し方などの情報をたくさん得ましょう。

降下の着地地点の見つけ方


荒野行動には「激戦野原」と「嵐の半島」という種類のマップがあります。

どちらも中央が激戦区、端が過疎区です。過疎区の中から更に人口が少ないのが橋や船を使って移動する必要のある離島などです。

荒野行動のゲームに慣れるまでは中央までの移動がそこまで大変ではなく、端過ぎない過疎区に降り立つのがオススメです。

なぜなら、拾えるアイテムの数は多くはありませんが、敵に接触する機会も少ないし安定して装備を整えやすいからです。

ただし、敵に遭遇する機会が少ないだけで遭遇することもあるので、安全地帯がどこにあるのか常にマップで確認するようにしましょう。

攻撃をしてみよう

ちょっと攻撃的になって敵を探そうとするときは「多方向を見なくていい場所」を見つけて潜伏するのがオススメです。

多方向を観たくていい場所とは例えば、建物の中などです。

安全地帯の収縮する位置や家具や壁などの障害物を利用して東西南北のうち2方向を確認すれば大丈夫な場所を押さえておけばベストです。

逆に山の上や安全地帯の中心部は全方向を確認しなければならず目立つので発見されやすくなってしまいます。

特に中盤~終盤は安全地帯の中での戦闘になるので外からの攻撃は極めて少ないので、安全地帯の端を移動しながら、中央側にいる敵を探すのがオススメです。

上手い下手が分かるエイムとは?

エイムは狙撃するときに狙いを定める操作方法のことです。

このエイムが荒野行動において最もプレイングスキルの上手い下手が分かるシチュエーションです。

エイムをする際に「リコイルコントロール」という要素を覚えましょう。

リコイルコントロールとは「反動制御」という連射によって照準がズレて行くのを抑えるテクニックです。

撃ちっぱなしにしていると武器の着弾点がばらけて上方に照準がズレてしまいます。

これを抑制する為に三発撃ったら射撃を区切ったり、手動で照準を下に調整したりします。

上級テクニックでこの照準が上に上がってしまうのを利用して胴体、胸元、首、頭と縦に弾をヒットさせることが出来ます。

武器の選び方

武器の操作に慣れない初心者の内はどうしてもエイム力が足らない場合が多いです。

そこで近距離、遠距離の武器それぞれの武器の使い方についてみていきましょう。

①近距離攻撃用

荒野行動は武器を拾って装備します。

運もありますが、もし序盤でショットガンを拾えたらラッキーです。

なぜなら、ショットガンは近距離に向いている武器だからです。

建物の中での屋内での戦闘の時に役立ちます。また、ショットガンの他に使いやすい散弾銃は初心者にはおすすめです。

散弾銃は命中率に関係なく大ダメージを与えられるので、入手できたら装備しておきましょう。

使いやすい使いやすい

②遠距離攻撃用

ゲーム後半では遠距離戦が重要となるので、スナイパーライフルを用意しておくことをお勧めします。

スナイパーライフルは遠距離からライバルを狙撃できるので、後半戦ではかなり有利です。

ただし、ライフルは照準を合わせるのが難しいので練習しておきましょう。

まとめ

上達するための最短距離は知識を身につけることと言いましたが、「上手い人のプレイを見ること」も重要です。

情報の得方、使い方を実際に目の当たりにすると一気に学ぶことが出来ます。

友達に上手な人がいたら見せてもらったり、一緒にバトルに参加させてもらいましょう。

もし周りにいなくてもYOUTUBEなどを調べると動画がたくさんあがているので探してみましょう。

やられちゃったら・・・と考えずにやってみることも重要です。

場数を増やすことで攻撃のパターンやその時々に一番ベストな行動は何か、ということがわかるようになります。

自分の戦闘スタイルを確立していってください!

おすすめの記事